塾講師の資格

ゆとり教育によって学校ごとの教育格差が生まれたことによって盛んになったのが塾産業です。
ゆとり教育の終了に伴って多少勢いは落ちてきているものの、それでもまだまだ日本が学歴社会であるということも助けて一定の需要があります。
そんな塾において指導を行う人が「塾講師」です。

小学校や中学校など、学校施設で勉強を教えるためには教員免許状という免許が必要となります。
この取得のためには、いずれの教育機関においても教育実習を行う必要があり、一度は現場に触れている人がなることになります。
小学校中学校の免許の場合にはこれに加えて介護実習の履修も義務付けられており、特殊な生徒へ対応することも把握しているケースが多くなります。

では、同じく指導を行う先生である塾講師の場合はどうでしょうか?結論からいって、塾講師には「必ず」必要となる資格というものは存在していません。
技術や認定する民間資格のようなものはあるものの、それほど重視されているわけでもないというのが現実です。
つまり、塾講師は言うなれば「誰でもなれる」仕事であるわけです。
(もちろん、ある程度の学歴や学力は求められます)。
そんな塾講師にとって、資格以外に大事なポイントというのはどこにあるのでしょうか?塾講師として仕事をする上で特に重要だと考えられるポイントを紹介します。
指導力、人格、向上心、様々なことが必要な職業であり、資格がないからといって教師よりも簡単な仕事ではないのです。


[特別推薦サイト]
塾講師のアルバイト求人情報が紹介されているサイトです ⇒ 塾講師 アルバイト